私は花粉症になってしまってから、

私は花粉症になってしまってから、乳酸菌ドリンクを摂るようにしました。

二年前より花粉症となってしまって、くしゃみと鼻水がでっぱなしです。お薬を飲むことは避けたいことだったので、テレビ番組でやっていた乳酸菌サプリを試しました。

今の段階では、これにより花粉症の症状を抑えられています。ここ最近の話ですが、オリゴ糖は乳酸菌を増殖させる成分としてクローズアップされています。

実際の話、オリゴ糖を加えられた乳酸菌は活発になり、胃や腸、の悪玉菌の増殖を減らし、腸内の状態を整えてくれます。乳酸菌とオリゴ糖は双方ともお腹の機能増進や健康の維持には必要不可欠な成分ということができます。

今、便秘に効く食べ物を毎日食べています。

ヨーグルトです。

毎朝食しています。食事するうちに、便秘がましになってきました。あれほど頑固で、ひどかった便秘が解放されて、便秘薬を飲む必要がなくなりました。

今ではポッコリしていた腹部も、へっこんできていて続けてよかったと思います腸内環境を整えていると美肌になると聞いて、せっせとヨーグルトを食べていたのですが、実のところは、ヨーグルトと同様にお味噌や納豆といったものも乳酸菌を含む食品みたいです。

乳製品からしか摂取できないと思い込んでいました。

何となくちょっと恥ずかしい気持ちです。いわゆる乳製品でなくても、含んだ食品が存在することを知り、乳酸菌て何だろうと調べてみました。

いろいろ検索し、そしたら、乳酸菌ていうのは乳酸の菌じゃなくて、化学反応で乳酸を作り出す菌類全般のことなのだそうです。

これって知ってましたか?私は30年以上生きてきて、初めて知った事実です。

インフルエンザにかかってしまったら、何をおいても栄養をしっかりと、摂取しないといけません。

薬や病院ももちろん大切ですが、栄養補給も大切です。とにかく早くインフルエンザを治すためにも、水と食事は抜かないようにしましょう。朝昼晩と食欲がわかなくても、胃に優しくて栄養があるものをできるだけ摂るようにしてくださいね。

乳酸菌を体内にに入れると様々な良い結果がもたらされます。善玉菌を数を多くして悪玉菌の数を抑え、お腹を良くしていきます。その結果として、免疫の力が向上し、沢山の健康に対する良い効果が得られます。アトピーに良い効果があったり、感染症を予防する働きかけがあります。

乳酸菌はからだの健康をより良い状態にする効果が高いとされています。アトピーの角質層はとくkにセラミドという成分が正常なときよりも減少していて、肌の水分を保つ力やバリア機能が下がっています。

これを補い正常に戻すには、保湿することがとても重要です。それ故に、お肌を守って、水分が蒸発するのを防ぐ保湿剤を使う事が必要なのです。なぜ私が便秘になったのかというと、運動不足のせいなのでしょう。

会社への毎日車で通勤しているので、歩く事もほとんどないのです。犬を飼っているわけでもないので、散歩に行くようなこともないのです。

そういう生活習慣のせいで、私は便秘なのだと考えています。

でも便秘を少しでも軽くするため、ウォーキングを今日から始めることにしました。

1日の中で乳酸菌を摂る理想の時間ですが、決められたものがあるわけではないのです。

どれくらいを、どのくらい摂るかは商品のパッケージに、書いてあるところがありますから、目安はそれにして下さい。1日の摂取量を一度 でまとめて摂取するのと比較した時、回数を数回に分けた方が、身体に行き渡るということから効果が上がります。

アトピーに大変よい化粧水を日頃から使っています。友人に教えてもらった化粧水は、私の大変ひどかったアトピーを思いのほかキレイに治癒してくれたのです。今まで嫌いだった鏡を見るのが、楽しみで仕方なくなりました。

顔を触る度にスベスベ素肌になったことを感じられます。インフルエンザに感染したことがわかると学校の出席が5日間できなくなります。インフルエンザに感染してしまったとしても、発熱は2、3日で治まるので、登校したいと思ってしまうかもしれません。熱が下がったあとでもセキやくしゃみなどにはまだウィルスが残っており、他人にうつしてしまう危険性があります。ですから、出席停止の期間は家にいることが集団感染を防ぐのに大切なことです。

息子がインフルエンザにならないための接種に通院しました。

私は注射の瞬間は怖くて視認できないのに、娘はまだ6歳だが、注射を見つめて注射をしています。

予防接種が完了した後は怖かったーとつぶやしていました。

見ているからさらに怖いんじゃないかな?と想像しましたが、何も口できませんでした。ご存知かもしれませんが、乳酸菌とビフィズス菌は乳酸を作り出すというところでは同じなのですが、ビフィズス菌にはそれ以外にも、酢酸などの成分も、作り出す力があるのだそうです。だから、ノロウィルス対策に有効だということなのですね。

ここ最近は、様々な感染症についての聞く機会も増えたので、、摂るといいかもしれません。結構、ヨーグルトは便秘解消効果があるといわれますが、私が実体験したのは、たくさん食べないと、大して、効果が感じられない気がします。毎日1パックぐらいは食べて、お通じがやっとあるという感じです。

ヨーグルトが大好きな人はいいですが、好まない人も、ジャムで味を変えたりして可能な限り食べるようにするとよいでしょう。最近、アトピーは乳酸菌の働きによって改善できることもあるといいます。

アレルギーの原因物質が腸内に進入すると、IgEという抗体が生まれます。

しかしながら、このIgEという抗体が多くの数発生してしまうと、過剰反応を起こしてしまうことにより、アレルギーが起こってしまうのです。これがアトピーの原因であるとされており、乳酸菌には、IgEが大量に生産されることを防ぐ働きがあるといわれています。

実はインフルエンザの予防ために乳酸菌が効果があるといわれています。1年くらい前に、テレビで児童に乳酸菌が豊富なヨーグルトを食べてもらったところ、インフルエンザに罹る子供が大きく減ったというコンテンツを見ました。

私の娘が受験生でしたので、それから、ずっとヨーグルトを食べさせています。

腸まで乳酸菌が届くタイプのヨーグルトが特に効果があるそうです。

私には乳酸菌サプリと言えば、やっぱりビオフェルミンなのです。まだ小さかった頃から市販されていたサプリであり、下痢や便秘や腹痛のときにも、いつも私のお腹を守ってくれていました。

「人には人の乳酸菌」とCMで言われていますが、私にとってみれば効果がある乳酸菌サプリは、ビオフェルミンとなるのです。

私の子供がアトピーだと医者からいわれたのは、2歳になったばかりの頃でした。膝の裏がかゆいと動作で訴えていたので、診断を受けた皮膚科の医者からはステロイドを処方されました。

実際、2年間ずっとステロイドを続けてみて、気をつけて様子を見ていたのですが、かゆみを繰り返し起こし、まったく良くなってくれませんでした。

そのため、ステロイド剤を漢方薬の投与に変更し、食事の見直しも行ってみたら、小学生になる頃には、症状はすっかり落ち着きました。元来、乳酸菌が身体に優しいことはよく知られている事実ですが、一方で効果のない説もあって当然ですよね。

これも本当かもしれません。

そのわけは、それぞれ個人差がありますし、あくまでも乳酸菌は菌であって、すぐに効く薬ではないからです。

自分に合うかどうか確認してから判断するべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です