お腹が便で膨れて苦しんだ事って一生のうちに必ず一

お腹が便で膨れて苦しんだ事って一生のうちに必ず一度は体験したことのある方ばかりだと思います。

私もその一人で、最悪の場合は一週間お腹が張った状態のままなんてこともあります。

便秘薬も売られていますが、私はアレをあまり飲みたくないので、ごく自然に排便を促してくれるオリゴ糖を摂取しています。効き方が穏やかなのが安心ですね。

ここ最近、乳酸菌がアトピーの皮膚炎によいことがわかってきています。

ご存知の通り、アトピーの引き金となるものは様々ですが、日々蓄積されたストレスや偏食などによって引き起こされるケースもあります。

アトピー患者の大体は腸内の状態が乱れているため、乳酸菌を使って腸内環境を整えることがアトピーを完治する手段となります。私はとても頑固な便秘に困っていたのですが、最近は少しずつ改善されてきています。

改善できたポイントは、毎日ヨーグルトを食べるという方法でした。

友人がこの方法で、見事便秘を克服したという話を聞いて私も真似してみようとヨーグルトを買いこんで毎日実行したのです。

この方法を続けているうちに、だんだん良くなってきて、便秘をすることがなくなりました。

だいたい1〜5歳くらいまでの幼児がインフルエンザといった病気に感染し、熱を出した後、突然けいれんや異常行動、意識障害などの症状が現われるのがインフルエンザ脳症となります。インフルエンザ脳症は、命にも関わってくる深刻な疾患であり、治った後に後遺症の残ることもあるのです。特に便秘をなくすのに効果的だといわれているのが、乳酸菌が入っているサプリメントです。

腸内の環境を整えることは大事だとわかっていても、乳酸菌飲料が嫌いだという人も大勢います。しかも、連日乳酸菌が含まれた食物を摂取し続けるのは大変です。

乳酸菌が入っているサプリなら、お手軽にしっかり乳酸菌を摂取することができますので、便秘が改善することになります。実は、オリゴ糖は乳酸菌の増殖を助ける成分としてクローズアップされています。

事実、オリゴ糖を給餌された乳酸菌の活動は活発になり、おなかの悪玉菌が増えるのを抑え、腸内の状態を整えてくれます。

乳酸菌とオリゴ糖はどちらも腸の機能を良くしたり、健康を維持したりするには必須な成分であります。

腸や体の健康のために乳酸菌が役立つのはみんな知っています。ですが、乳酸菌は胃酸にやられてしまうので、せっかく摂取しても胃でなくなって効果が出ないのではというふうに期待していない人もいます。

実は乳酸菌が生きているかどうかは重要なことではなく摂取するだけで腸内の免疫機能向上に貢献して、それが身体の健康づくりに大変効果的です。

最近、インフルエンザに罹らないようにするために乳酸菌が効くといわれています。1年程度前に、テレビで子供に乳酸菌が豊富なヨーグルトを食べさせたところ、インフルエンザに罹る児童が大幅に減ったというテレビプログラムを見ました。

私の娘が受験生でしたので、それから、ずっとヨーグルトを食べさせています。

乳酸菌が腸までたどり着くタイプのヨーグルトが最もいいそうです。

元々、アトピーに有効な化粧水を毎日使っています。

知り合いから紹介された化粧水は、とても気にしていた私のアトピーを想像以上にきれいに消してくれたのです。

朝晩鏡を見るのが、とても嬉しくなりました。

手が触れる度に素肌がサラサラになったことを感じています。

一般的に便秘に効く食物は、水分や食物繊維、乳酸菌が豊富な 、発酵食物などであります。頑固な便秘の人は、うんちが固く腸内に溜まった状態に到達しています。

この状態を改善することで、、お通じを出やすく柔らかくするため、第一に水分と水溶性の食物繊維を摂りながら、乳酸菌などで腸内を整えるのが良い方法でしょう。この間、アトピーに効果があると言われている入浴剤をサンプルで頂きました。

あらゆるものがそうですが、少し使用してみないと結論を出せないものです。

サンプルの入浴剤は肌によく馴染んで、使用感が良好でした。痛みを感じることもありませんし、肌が引っ張られるような感じもなくて、潤いをよく保ちます。

ツボで便秘に効果があると有名な、おへそから両側に指に2本分程度離れたところに天枢(てんすう)です。

へその下5cmくらいの腹結というツボにも同じように効果があると思います。

手首にも支溝と外関(がいかん)というつぼがございます。便秘の種類によっても、効果を得ることができるツボが違うので、自身に適したツボを押すと改善できやすいでしょう。ヨーグルトは便秘によく効くといわれますが、私が体験してみると、多くの量を食べないと、効果があまり感じられません。

日ごとに1パックぐらい食べて、やっと便通があるという感じです。ヨーグルトを好む人はいいですが、抵抗がある人も、ジャムなどを入れて、できるだけ摂取するとよいでしょう。元来、乳酸菌が身体に優しいことはよく知られている事実ですが、実は有効ではない説もあります。

この説も、本当かもしれません。

その理由は、当然、体質は個人差というものがありますし、乳酸菌はあくまでも菌であり、効き目が出る薬ではないからです。

自分に合うものかどうか試してから判断するべきです。

娘がアトピーだと発覚したのは、まだ2歳の頃でした。

かゆみがしょっちゅうあり、かゆみどめとして皮膚科でステロイドを処方されました。2年のあいだ、ステロイドを治療に使い続けて、気をつけつつ子供の具合をみていましたが、かゆみを繰り返し起こし、一向に具合が良くなってくれません。

結局、保湿剤を漢方薬に変えて、色々見直してやっと、小学生になる頃、アトピーに悩まされることもなくなりました。大便が出なくなると、体にとって不要なものが体の外に出ないため、口が臭います。いくら食後に歯ブラシをし続けて、歯のすきまの掃除、洗浄液などで口内をきれいにしても、口臭は腸から胃を経ていらないものを取り除こうとし、口の臭いになってしまうのです。

このような状態の時、便秘が改善されると、口臭もあわせて改善されると言われています。

よくある乳製品以外でも、乳酸菌を含有した食品があると知り、一体乳酸菌て何だろうと調べてみました。

いろいろ検索し、そしたら、乳酸菌は乳酸の菌ではなくて、乳酸を化学反応的なことで作り出す菌類のことになるのだそうです。

このことを知ってましたか?30年余り生きて来て、生まれて初めて知った事実です。

実はアトピーは、乳酸菌の摂取を積極的に行うと、症状の改善がされる可能性があります。

アレルギーの原因物質は、腸内に進入することでIgEという抗体が出来る性質があります。そしてこのIgEという抗体が多くの数発生してしまうと、過剰反応を起こしてしまうことにより、アレルギーが起こってしまうのです。

これがアトピーの原因であるとされており、乳酸菌には、IgEが大量に生産されることを防ぐ働きがあるといわれています。

私は先天性のアトピーを持っており、幼い頃は、「虐待でもされてる?」と心配される程、痛ましい見た目でした。

様々な治療法をやっても、全く効果が得られなかったのに、家を住み替えたところ、いきなり肌が綺麗になり、酷い痒みもおさまりました。

思いきりよく環境を変えるのも、アトピーに効果的かもしれません。赤ちゃんがインフルエンザに感染したら、きわめて大変なことにすすんでいきます。

まだ体力不足の赤ちゃんですから、インフルエンザに体が負けないかが不安ですし、結果、インフルエンザで死亡することもあり得るでしょう。

インフルエンザ患者が多い時には、赤ちゃんを外に出さない方が確実かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です